楽読(速読)体験セミナー・相談お申し込み




  • 受験生向けレッスン予約
  • レッスンスクールリスト
  • メディア掲載
  • お知らせ
  • 速読コラム

 

Profile 講師プロフィール

佐藤千恵子 戻る

佐藤千恵子

インストラクター

担当スクール
京都四条烏丸スクール(旧京都スクール)
Facebook
https://www.facebook.com/chiezochoco


略歴

1973年 山形県で生まれる、その後、秋田県、福島県、宮城県で育つ

1998年 就職で滋賀県へ (初関西)
      結婚、2児の母に。

2014年 長年勤めた会社を退職 転職活動、その時に楽読と出会う
   再就職、いろいろあって4か月後、また再就職

2015年 10月 楽読インストラクターになることを決意

2015年 11月 退職 (会社員生活にピリオド)


2016年 1月 楽読インストラクターに


コメント

私はずっと「~すべき」の世界で生きてきました。でも、そうすべきと頑張ってきました。
その窮屈さに気づいたのは楽読を始めてからです。

楽読は、本が速く読めるようになったらうれしいかな、楽読をするとイライラしなくなるって 書いてあったので、子供を怒らなくなるかな、ぐらいの気持ちで始めました。

やっていくうちに、「自分はこれでいいんだ」と思えるようになり、
(もちろん本も速く読めるようになりましたよ。)

「~すべき」ではなく、「~したい」で生きていいんだと思えるようになり、

「~したい」で生きようと思い、

楽読のインストラクターになっちゃいました。

そして今、「~したい」→「~するーー!!」で生きています。


私の楽読を始めてからの変化ベスト3

1.子供を怒ることが激減 (もちろん怒ることはまだありますが、、、)
(子供が保育園のとき七夕の短冊に「お母さんが怒りませんように」と書かれました。ずっーと、十数年間怒る日々を過ごしていました。)

2.自分はこれでいいんだと思えるようになった。

3.他人を認められるようになった。 


番外ランクイン:小学校PTA副会長に立候補!!

下の子が小4までお姉ちゃんの時から約10 年間、「クジであたりませんように」と毎年ドキドキして免れてきたのにも関わらず、子供が小6になる最後の年になんと立候補!!あと1年クジで免れたらやらずに済むところを、、、、。大変そうと思っていた役員を楽しそう!楽しくやる!と思えるように。

この変化は自分でも???です。楽読スゴイ。


楽読やると、本を速く読めるのは「おまけ」、他の自分の変化に驚きますよー。
「楽読やったら、変われます。」私が良い見本ですね!!

もし、
ご自身のこんなとこが嫌いです、とか  
こうなりたいんです、

というのがございましたら、一度お話ししましょう。
好きになれる方法、そうなれる方法知っています!!


楽読の講師一覧

関西地区

関東地区

中部地区

北海道地区

北陸地区

中国地方

九州地区