楽読(速読)体験セミナー・相談お申し込み




  • 受験生向けレッスン予約
  • レッスンスクールリスト
  • メディア掲載
  • お知らせ
  • 速読コラム

 

Profile 講師プロフィール

坂田淳一 戻る

坂田淳一

楽読インストラクター

担当スクール

金山スクール
Webレッスン(日本語)
ブログ
https://profile.ameba.jp/ameba/junjun2018
Facebook
https://www.facebook.com/junkhi.sakata


略歴

福岡県出身 1976年9月4日生まれ 42歳
楽読インストラクター
リターンスクールファシリテーター
坂田淳一 (さかた じゅんいち)
ニックネーム じゅんじゅん

1995年 日本一の老舗ガラス会社 石塚ガラスに入社

2008年 妻と結婚、長女誕生

2012年 次女誕生

2016年 退職

2016年 楽読スタート

2018年 楽読インストラクターになる

    錦通りスクール マネージャー

金山スクールをオープン♬


コメント

【模索していたガラス職人時代】

私が楽読と出会ったのが2016年12月。

電通の女性新入社員の自殺が労災として認定された直後でした。

私は、創業200年を超える日本一の歴史があるガラス会社 でガラス 職人として働いていました。高校卒業してから入社して、かれこれ20年勤務していました。社是として『誠実努力創造』を高く掲げ、社員も大切にする理念が社員まで浸透している会社でした。何よりもお客様の安全を考え、その製品を作る社員は宝であると何度も社長自らが言ってくれたのを覚えています。

同僚たちもとてもよい人柄の方ばかり。たくさんのことを任せていだだき、やりがいをもって仕事ができる職場。働く環境としては最高の場所だったと思います。

しかし、その一方で、その1年ほど前から

「自分が本当にやりたいことはこれなのか?」

という疑問が湧いてきていました。多くの新入社員が入ってくるのに、数年で離職してしまう。話を聞いていると「続けられる自信がない」とその根底には今の子供たちが自分に自信がないこと、自己肯定感が低いことが、仕事を前向きに取り組む上で大きなネックになっていることを痛感していたのです。

「どうしたら、新入社員が自分に自信が持てるようになるのだろうか?」

それを探すために、いろいろな本を読んだり、テレビを観たりして、自信をもてるような話のネタを集め、それを仕事の休憩時間に雑談として話していました。また、ベテランの同僚を見ていても「大人でも自信を無くしている方が多いな」と感じたのです。

親は子供と一番接する時間が長い大人です。その大人が、もっと自分に自信を持ち、もっと自分の未来にワクワクしていたら、きっとお子さんにいい影響が及ぶはず。

多くの大人が自分の可能性を信じ、自分の望む未来を描いている。それを子供が見て、早く大人になりたいと思う。そんな世界を創っていきたい。そこに自分が貢献していくためには、今いる自分の世界から飛び出し、もっと自分自身を磨く必要がある。そんな思いがどんどんふくらんでいました。

【楽読と出会って覚醒】

そして、電通の女性新入社員の自殺が労災と認定。過労認定されても娘は戻ってこない。

「いのちより大切な仕事はありません。過労死を繰り返さないで」と訴えました。

その言葉にならない想いを目の当たりにし、私のスイッチが入ったのです。

「このままではいけない!!」

「自分をもっと生きたい!!」

「自分の力を最大限に発揮したい!! 」

「自分の可能性を追求したい!!」

そんな想いが溢れてきて、いろいろなセミナーに行き始めました。

その中の1つに「楽読体験セミナー」があったのです。

もともと読書は好きでしたし、部下に教えるためにたくさんの本を読む必要があったので、速読にも興味がありました。ただ、速読トレーニングと聞くと「難しそう」「疲れそう」など大変なイメージを持っていたので、自分には無理かなとも思っていました。

しかし、「楽読」という、楽しげな名前に惹かれ、とりあえず1回体験してみようと思い。楽読スクールに行ってみたのです。

そして、楽読を体験してみたところ、 「予想以上に楽しい!」「これなら飽きっぽい自分でもできそうだ!」と思いました。

また、いろいろな人とも出会えそう、そして右脳活性化することで新しい自分に出会えるかも、などとてもワクワクした気持ちになったのです。

【2016年12月 楽読受講スタート】

回数を重ねるごとに、本を読むのがラクになるだけでなく、プログラムを通じて「右脳を使う」ことにより、どんどん自分が活性化されていく感じがしました。

「こうあらねばならない」「こうあるべき」という左脳的な世界から、「何となくこうしたい」「こう感じる」という右脳の世界へ。受講が進むほどに直感や感受性が高まり、「閉じていた心」や「勝手にフタをしていた気持ち」が解放されるのを感じるようになりました。

そして、いつのまにか

「一回きりの人生だ。やりたいことを思いっきりチャレンジしてみよう!」

という、自由な自分がいました。

「楽読はすごい。自分の可能性にフタをしている人の勇気のスイッチを入れられる、強力なツールだ」。身を持って確信した私は、長年お世話になった仕事を退職。退路を絶って楽読の道に進むことを決めたのです。

2018年5月 楽読インストラクター検定に無事に合格。 縁あって、楽読名駅錦通りスクールで活動を開始しました。4ヶ月間スクール運営について学ばせていただきました。


そのおかげさまで 2018年9月4日 私の誕生日に「楽読金山スクールをオープン」することができたのです! 5月から活動を開始してから、150名以上のレッスンを担当。


楽読を通じて

「いつでも人生は変えられる! 勇気のスイッチを入れる!」をモットーに活動中です。

もし、私の想いに共感してくださった方は、一緒に自分の人生をよりよく、そして周りの 人をより幸せにする旅に出かけましょう!

あなたに、お会いできる日を楽しみにしています。


楽読の講師一覧

関西地区

関東地区

中部地区

北海道地区

北陸地区

中国地方

九州地区

Web